スケジュールを組んで管理する

img-1

仕事を効率的に行うためには、スケジュールを組んで全体を管理することは欠かせません。



スケジュールを組まないなら、行き当たりばったりになり時間や労力を無駄にすることもあります。



スケジュールを組むときは優先順位を考慮に入れます。
どれが重要でどれが急ぎの仕事なのかをよく見極めなければいけません。

それにより自分の活動全てを管理することができます。


1日ごとや月ごとの目標を明確にするなら管理しやすくなります。

それをどのように達成するか具体的な方法も考えます。


スケジュール通りにいかないこともあります。



そのために余裕を持たせる必要があります。



そして調整日を設けて、達成できなかったことを調整日に行います。



それでもできないときはとりあえず保留にします。



はぶくことができることははぶくなら時間の節約になります。



もちろん効率だけを優先するなら、問題が生じることもあります。無駄に思えることが生産性を上げたり、アイデアを生み出したりするヒントになることもあるからです。

すべてを合理的に管理しようとするなら、逆効果になることもあります。



決して働く貴重な人材がおざなりになることがないようにしなければいけません。

そのためにもこまめなミーティングなどにより、意思疎通の道を開いておくことができます。
これくらい言わなくてもわかるだろうと思い込んで、コミュニケーションが欠けるなら誤解が生じます。スケジュールに合わせて業務をするためにもコミュニケーションは大切です。

関連リンク

img-2
電子機器でのスケジュール管理

仕事やプライベートの予定を管理するのに、手帳を使用している人や電子機器を利用している人など、人それぞれ自分に合ったやり方をしていますよね。最近では、スマートフォンで使えるスケジュール用のアプリがたくさんあり、無料でダウンロード出来るので利用者が増えています。...

more
img-2
スケジュール管理能力を身につけよう

ビジネスマナーとして求められるのは、コミュニケーションのスキルや提案力はもちろんですが、社会人としてはじめからしっかり身につけておきたいものは、スケジュール管理能力ではないでしょうか。コミュニケーションや提案力などは、経験値を上げていかないとなかなか難しいですが、スケジュール管理能力は工夫次第で新人でもきちんと出来るものです。...

more
top