スケジュール管理能力を身につけよう

img-1

ビジネスマナーとして求められるのは、コミュニケーションのスキルや提案力はもちろんですが、社会人としてはじめからしっかり身につけておきたいものは、スケジュール管理能力ではないでしょうか。



コミュニケーションや提案力などは、経験値を上げていかないとなかなか難しいですが、スケジュール管理能力は工夫次第で新人でもきちんと出来るものです。



どんな予定が入っているのか、何をしておかなければならないのか、色々と忙しい現代人にとって必要なことを把握しておくことは重要であり、信用や信頼にもつながります。



では、しっかりと管理していくには、どのような方法があるのでしょうか。やることがあまりにも多く溜まってしまった場合、付箋を活用するのはいかがでしょうか。

スケジュール1件につき細いタイプの付箋に書き込み、デスク周りやパソコン周りのよく目につくところに貼っておくのです。



ポイントは、優先順位が高いものや期日が近づいているものから並べることです。終わったら、その付箋は剥がして処分していけば終わっていない仕事がわかりやすくなります。



そして、仕事とプライベートのスケジュールは、ひとつにまとめて管理するようにしましょう。



別々に管理をしていると、どちらかをチェックし忘れてダブルブッキングしてしまったり、大変なミスにも繋がりかねません。ウェブカレンダーや手帳アプリですべての予定を入れておくのもいいでしょう。



手軽に利用できてとても便利です。



関連リンク

img-2
スケジュールを組んで管理する

仕事を効率的に行うためには、スケジュールを組んで全体を管理することは欠かせません。スケジュールを組まないなら、行き当たりばったりになり時間や労力を無駄にすることもあります。...

more
img-2
スケジュール管理能力を身につけよう

ビジネスマナーとして求められるのは、コミュニケーションのスキルや提案力はもちろんですが、社会人としてはじめからしっかり身につけておきたいものは、スケジュール管理能力ではないでしょうか。コミュニケーションや提案力などは、経験値を上げていかないとなかなか難しいですが、スケジュール管理能力は工夫次第で新人でもきちんと出来るものです。...

more
top