締切を守る事をルールでスケジュール管理をする

img-1

現在、スケジュールを組むために、手帳を使うか、スマートフォンを使う日で分かれているのではないでしょうか。



どちらもメリットデメリットがあるので、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。



スケジュール管理を考えた場合、ちょっとしたコツがありますが、それを学ぶことによって、合理的なスケジュール管理をすることができるようになるでしょう。
仕事をしていく上では、優先順位があります。

その段階で優先順位を決めることで、本当にやらないといけない仕事を、どんどん片付けることができるようになります。
この、どんどん片付けるということが、うまく時間を使う意味でも大切になってきます。優先順位の中でも、締め切りが決まっているものは、早めに済ますなど心がけると良いでしょう。

また締め切りがなく、自分で締め切りを決める必要がある仕事こそ、スケジュール管理が大切になってきます。



なるべく早く終わらせることができるように、締め切り日をどんな仕事にもつけるようにしましょう。



また様々な仕事をこなしていくには、仕事の間の時間も考える必要があります。



多くの場合きっちりと仕事ができる事は少ないでしょう。


様々な用事が入ってくる場合もありますし、誰かが声をかけてくる場合もあります。



そのようなことも想定しながら、スケジュールを管理することが大切です。



手帳の場合は、どんどん記載していけば良いのですが、スマートフォンの方が後からの変更が出来るので、管理が楽になるかもしれません。

しかし好みもあるので、自分が好きな方法を選びましょう。



関連リンク

img-2
社員が共有できる管理されたスケジュール表が便利

複数の人が同じ場で仕事をするオフィス内では、勤務時間中の個々の予定は全員がチェックできるようにしておくほうが便利です。同じオフィスに勤めていても、大きな企業の場合は顔を合わせることのない人もいるでしょう。...

more
img-2
スケジュール管理はスマートフォンがお勧めです

現代人は非常に忙しく、毎日を生きていますが、忙しすぎて混乱してしまう事もあるのではないでしょうか。また忙しいと、ついつい忘れ物などが増えてしまい、生活や仕事に支障が出てしまう場合もあるので、しっかりと自分を管理しながら生活する事が大切です。...

more
top